FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会場へのアクセス方法

昨年の勉強会の様子は、
こちらの記事に載せています。ご覧ください。

2次募集の応募フォームはこちらです。



いよいよ日が迫ってきました。
会場へのアクセス方法を記したPDFファイルを作成しました。

ただ、このブログにはPDFファイルがアップロードできないので、
ダウンロード用の別ページからダウンロードしていただきます。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

時間割の仮決定と佐野先生ご参加のお知らせ!

(追記11/21)
太田先生より、セッションの表題についてご連絡をいただきました。追記しました。


2次募集のメールに開始予定時刻などが書けていませんでした。
まだ「仮」で申し訳ありませんが、下記の予定です。

ところで下記の通り、講師の先生が一人追加になりました。
なんと、パリで家庭医療を実践されている佐野潔先生も来ていただけることになりました!
今回の合宿は盛りだくさんの企画になりそうです。

会場は、滋賀医大の看護棟1階 第4講義室です。
参加者の皆さんには、会場への案内資料を追ってお送りします。

- - - 時間割の予定(仮)- - - -

【土曜日】
(12:30受付開始、12:50集合。
 会場にて、持参した昼食をとりながら待っていただいてかまいません)

○12:55~開会・オリエンテーション
①13:00~「家庭医の世界に入ったら~その概念と現場~」
 木田先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医1年目)
  家庭医療の基礎の概念を含めてのWSです

②14:00~「家庭医のコミュニケーション~プロとしての成長を目指して~」
 松井先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医3年目)
  3年間の患者さんの言葉を含めて
  医師のコミュニケーションと成長を考えるWSです

③15:00~特別セッション「家族関係を考慮した慢性疾患へのアプローチ」
 大門先生(西浅井町国保診療所)

④16:10~特別セッション「未定」
 佐野先生(パリ日本家庭医療センター開業医)

⑤17:10~特別セッション(18:00終了予定)
  「地域で医者をすること、地域で看護師をすること、家庭医の視点から」
 太田先生(春日診療所・地域医療振興協会)
  診療所で地域の文化・暮らしを感じながら医療をすることを考えるセッションです

 19:00~懇親会(先生方を交えて)会費3500円

【日曜日】
⑥9:00~「家庭医研修後のその後の進化」
 平野先生(本輪西ファミリークリニック・北海道家庭医療学センター・フェロ
ー)
  家庭医療専門医になって自分のやりたいことを追い求める姿勢を共有するWSです

⑦10:30~「家庭医のやりがいと人生~所長としての実践と発展~」
 中川先生(寿都診療所・北海道家庭医療学センター・スタッフ)
  診療所で展開する家庭医療と、その先にあるものを探索するWSです

○11:50~まとめ(12:00終了)

- - - - - - -
予定は予告なく変更される可能性があります。すみません。

時間割の概要と講師の追加について

新たに、地域医療振興協会の春日診療所で研修しておられる太田浩先生の
ご参加が決まりました!

さらに、現在検討中の時間割についてお知らせします。
正式な決定や、各先生のテーマについては追ってお知らせします。

下記の時間割は11/7時点のものです。
最新版は11/17に公開します。もうしばらくお待ちください

11/28土曜 (13時開始予定)
木田先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医1年目)
松井先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医3年目)
大門先生(西浅井町国保診療所)
太田先生(春日診療所・地域医療振興協会)
懇親会(瀬田駅周辺)

11/29日曜(9時開始予定・12時終了予定)
平野先生(本輪西ファミリークリニック・北海道家庭医療学センター)
中川先生(寿都診療所・北海道家庭医療学センター)
まとめ

以上です。。。

西浅井町国保診療所の大門先生もご参加!


さらに、西浅井町国保診療所の大門友博先生のご参加も決まりました。
ありがとうございます。

地域医療の現場から、家庭医療学的アプローチの事例を紹介しただく予定です!

ご期待下さい!

講師陣が決まりつつあります!

講師の先生が決まりつつあります。
北海道家庭医療学センターから中川先生、平野先生、木田先生、松井先生の4名が確定しました。
他にもただいま打診中です。ご期待下さい。

ニーズ調査結果に対応して、
家庭医としての(悩みあり、情熱ありの)将来像を提示していける企画になると思います。

現在決定済みの先生方は、
後期研修1年目、3年目、後期研修終了したフェロー、スタッフといった方々ですので、
家庭医としての熟達化の段階を順番にお話ししていただくことで将来像が見えてくると思います。

さらに、ニーズ調査結果を踏まえて、
それぞれの視点から家庭医療の現場での体験・エピソードを交えつつ、
そのスキルや感動・魅力を伝えていただく予定です。

ご期待下さい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。