スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭医療合宿2009(2日目)

目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →別のページ
「懇親会」 →別のページ
「二日目」 →この記事

 


【日曜日】
⑥「家庭医研修後のその後の進化」
平野先生(本輪西ファミリークリニック・北海道家庭医療学センター・フェロー)
  家庭医療専門医になって自分のやりたいことを
 追い求める姿勢を共有するWSです

二日目の最初は、北海道家庭医療学センターの連続企画第3弾として、
平野先生にセッションをお願いしました。

家庭医を目指すようになった学生時代から始まり、
家庭医の研修を終えた現在、家庭医としてどのような進化を遂げてきたのか
その道のりについてお話いただきました。

平野先生1

セッションの中では、何人かの患者さんのケースについて、
患者さんのご病気にどのように取り組んでいったかを紹介していただきました。

人となりや生活の実際、ご家族の思いを医療に反映させていったさまを
伝えていただきましたが、
そのスタイルや関わり方はとても自由な形で、
どのように取り組んでいくかは、ご家族も含めて多職種の話し合いで決められていました。

患者さんやご家族ごとにオーダーメイドでなされていく様がとても印象的でした。

平野先生2

また、後輩の研修医教育に関わる指導医としての立場やマネジメントといった
研修終了後のフェローとしての視点についてもお話していただきました。
後輩教育についてもしっかりと考え評価されているHCFM(北海道家庭医療学センター)の
細やかさを感じました。

以下、アンケートの記述を紹介します。

・研修後に加わる新たな視点、考え方を知ることができよかったです。その後の将来設計の参考にもなりました。
・後輩教育と自分の成長とを話していたのがとても印象に残りました。
・後期研修後のキャリアについては知らないことが多かったので参考になりました。
・コミュニケーションや患者中心の医療について、私の中でさらに考えが深まったのでよかったです。
・普段からマネージメントが学べる機会があるということが、自身の活動により説得力を持てた。
・患者中心の医療を行うためには、心身のマイナスを減らすことと、心身のプラスを増やすバランスが大切であると気づいた。
・研修医を知る


⑦「家庭医のやりがいと人生~所長としての実践と発展~」
 中川先生(寿都診療所・北海道家庭医療学センター・スタッフ)
  診療所で展開する家庭医療と、その先にあるものを探索するWSです

 最後にご登場は、寿都診療所の所長の中川先生です。

診察室の中からの切り口に限定することなく、
地域のコミュニティの幸せにどのように貢献できるかについてお話をいただきました。

中川先生1

保健師さんなど他職種を巻き込むことはもちろん、
地域の皆さんを巻き込んで、
住民の皆さんが自主的に活動をしていける姿をイメージしながら
保健活動など日々の活動をされているのが印象的でした。

中川先生2

町の医療行政との関わりにも熱心に取り組んでおられて、
「行政への提言も家庭医の仕事」という言葉が頭に残っています。

そんな精力的に各方面で活躍されている中川先生の姿に
家庭医のやりがいを強く感じさせられました。
そこで、そうやって仕事を続けていけるために、
HCFMで基本とされている「Group practice」
(グループ診療。複数の医師が協力して行う医療)
のシステムの優位性も強く感じることができました。

「医者のロマンは家族の不満」にならないように
仕事をシェアしながら医療を続けておられる様子が、
ご家族を北海道から連れて来られている先生方の
ご様子(下の写真)からも伝わってきました。

ご家族の写真

以下、アンケートの記述です。
・人単位から国単位まで様々なスケールでの家庭医の活動を知ることができてよかったです。感動しました。
・医者4年目で寿都の所長として赴任するなんて、想像したら考えられない世界なのに、サラっといっておられて、すごいパワーも感じました。パワフルでした。
・地域医療に関する将来像、理念が聞けてよかった。
・家庭医の先生は、看護職を大事にしてくれているなと思いました。遅くても止めずに長く続けることは私も大切だと思います。
・町立としての運営、学べました。
・町長さんとのお話し、地域全体のケア、医療経済など。
・医師、看護師、その他の職種との繋がりが家庭医療では大切。家庭医療にもっと看護も介入するべきであると思った。
・家庭医がある地域の幸福や発展を目標として医療者の立場として住民と協力して行うあらゆる活動




○まとめ

企画の最後に、企画者のわがままで
「まとめの時間」を急遽設定させていただきました。

参加者個々の質問や感じたことを自由に交流してもらいながら、
先生方からもざっくばらんにコメントしていただけたら、
ということで、お菓子とお茶を囲んで行いました。

まとめの風景

参加者の皆さんがどんなことを感じてくれたのかを
共有してもらうこともできて、個人的にはよかったなぁと思っています。


以上で、合宿の報告を終わります。
遅くなって申し訳ありませんでした。

先生方、参加者の皆さん、どうもありがとうございました。
また次回も実り多い会ができたらと思っています。。。

(文責:大竹要生)





目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →別のページ
「懇親会」 →別のページ
「二日目」 →この記事

 




スポンサーサイト

家庭医療合宿2009の報告(懇親会)

目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →別のページ
「懇親会」 →このページ
「二日目」 →別のページ 

 


【土曜日】
○懇親会
 創作一品「寄り道」にて(瀬田駅前)

1日目の終わりに、駅前の居酒屋にて懇親会を行いました。

懇親会にはすべての先生が来てくださったので、
学生の周りには必ず複数の先生がおられる環境。

懇親会の風景をいくつか写真で紹介します。。。

懇親会1
懇親会2

セッションに負けず劣らず、
いろいろな話をお聞きすることができました。
学生時代の話、研修し始めの頃の話、
その土地のお話や、苦労話、感動したことなどなど。


懇親会3
懇親会4


(文責:大竹 要生)




目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →別のページ
「懇親会」 →このページ
「二日目」 →別のページ

家庭医療合宿2009の報告2(1日目後半)

目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →この記事
「懇親会」 →別のページ
「二日目」 →別のページ 

 


【土曜日】
③特別セッション「家族関係を考慮した慢性疾患へのアプローチ」
 大門先生(西浅井町国保診療所)

お次は、滋賀県の湖北地方にある西浅井町から
大門先生においでいただきました。

先生は自治医大出身で、地元滋賀の一人診療所で医療をされてきました。
患者さんだけでなくご家族にもスポットをあてる家庭医療の現場の事例を中心に、
今回お話をいただきました。

大門先生のオープニング
まず町や診療所の紹介から始める大門先生

2つの事例紹介で、「あなたなら次にどんな手を打ちますか?」という問いかけで
学年ごとの小グループに分かれて、自分たちで出し合う時間もいただきました。

患者さんの生活や家族に視点を向ける低学年のグループ、
生活に加えて医療知識も踏まえていく高学年のグループと、
いろんな切り口から、いろんなポイントの意見が聞けました。

「それは思いつかなかったなぁ」とか
「そういうことも考えられるようにならないといけないのか」とか
思えて、とても参考になり楽しかったです。

大門先生

また、患者さん本人への医療や介入だけでなく、
ご家族にも目を向けたからこそ力を発揮する家庭医療の醍醐味も
垣間見えたような気がしています。
アンケートを読んで、そうだなぁと思ったのは、
患者さんを主人公にした小説を読み解くような
そんなやりがいがある医療スタイルだなぁと家庭医療を感じました。

個人的には、一人診療所に赴任された後、
看護師さんやスタッフの皆さんに教えられ叱咤されながら成長した、
というお話も印象的でした。
経験豊富な看護師さんやスタッフの皆さんとともに進んでいく
大切さを感じました。

大門先生のオープニング遠景

以下、アンケートの記述です。

・患者さんの生活における家族との関係の重要性を認識できました。漠然とは意識していましたが、予想以上でした。

・症例の読み方は、小説と一緒だと確信できた。読め、しゅうとめは予測できたし、症例2の娘の病気もおよそわかったが、うつ病、子供が自閉症は読めなかった。なんというか、ミステリーを解いている様で、最高にたのしかった。

・慢性疾患の方の抱える問題を他の方と考えられてよかったです。

・長浜方面に、こんなふうに一人の診療所で頑張ってらっしゃる先生がいるんだ!と知ることができよかったです。症例で考えるのが、すごく楽しかったしいろいろな意見が聞けてよかったです。

・家庭を考えるということは、一人一人の患者を診るのに重要なんだと思った。病気だけで患者を診るのはよくないということを改めて思った。

・症状だけでなく家庭環境まで踏み込んだ視点を持つことの重要性がよくわかった。

・いろんな人から患者の情報を得ることができる事を学んだ。

・慢性疾患の背景に家族関係の関わっていることがあることを知った。「家族」に注目しなければわからない事例であったので勉強になった。

 


○大休憩
休憩時間には、お菓子やコーヒー、ジュースを手に取りながら、一息。。。

休憩中


 

④特別セッション 佐野先生(パリ日本家庭医療センター開業医)
次に登場していただいたのは、
パリで在仏日本人に対して家庭医療を提供しておられた佐野先生です。
佐野先生には、ちょうどパリから日本に来られた折、
FPIG関西の企画のためにお忙しい中お時間をお取りいただけることになり、
急きょご講演をお願いしました。

佐野先生

先生の家庭医療との出会いから、
日本での研修医時代、ミシガンやパリでの家庭医の実践まで
ご経験をお話しいただきました。

また、家庭医と、プライマリケアの内科医との違いなどを例にとりながら、
家庭医の目指す「全人的」医療とは、
「全ての人」を診るとともに「人の全て」を診るということだと
力強くおっしゃっておられたのがとても印象的でした。

婦人科領域や妊婦健診を通してお産にも、と
幅広く携わる家庭医を目指す意欲的な姿勢を持つことで
やりがいを持って非常に楽しく家庭医療を実践できそうだと感じました。

佐野先生・遠景 

個人的には、日本に家庭医を根付かせるストラテジーが特に印象的でした。
妊婦検診に関わることを端緒として、お産、乳児健診と受け持っていき、
母親や家庭の信頼をつかみ家族全体を診ていくことにつなげていく。
なるほど秀逸な流れだなぁと感心させられました。
意欲的に頑張っていきたいと強く思いました。

以下、アンケートの記述です。

・面白い講演をありがとうございました。思わずニヤケました。どういう方向に進むにしても、精いっぱい楽しく生きようと思いました。
・家庭医が分かった。あとは実践するのみ。最高のプレゼンテーション。近く、京大でもお呼びし、プレゼンしていただきたいと思います。
・ズーム…のが、わかりやすく面白く印象に残りました。
・こんな世界があるんだ…!と思ってびっくりすることが多かったです。産婦人科を家庭医が見るというお話は、初めて聞くことで、考えさせられました。
・金太郎飴医者では競争できない。桃太郎になれ!
・家庭医というものの面白さを知ることができてとても興味が湧いた。桃太郎になるために、これから考えていこうと思った。
・家庭医療というものについてまだまだ理解が浅かったことを実感した。今後さらに理解を深めていこうと思う。
・家庭医というものが理解できた。
・最後の英語の映像が難しかったです。
・アメリカの家庭医療の定義。小児、産婦が重要。
・今の医療は、部分部分(臓器専門)で分けて分化し、その人を診断しているが、家庭医は部分などを見るのではなく、全人的にその人全体を見ていて、家庭医はその人自身を理解し、診断できる存在であると思いました



⑤特別セッション「地域で医者をすること、地域で看護師をすること、家庭医の視点から」
 太田先生(春日診療所・地域医療振興協会)

1日目最後は、FPIG関西のOBの太田先生でした。
太田先生には、お隣の岐阜県にある揖斐川町(旧春日村)から日帰りでご参加いただきました。
村の暮らしの中で行われる診療所の医療について、紹介していただきました。

太田先生

おばあちゃんの生きがいの土いじり、
村の祭りへの村の皆さんのこだわり、
遠く離れた家族同士をつなぐ故郷春日村のおばあちゃんの家の存在。

日々の村の暮らしや想いを汲み取りながら行う医療の風景について、
その村に流れている時の流れを再現してくれるような雰囲気で
数多く紹介していただきました。

太田先生のご講演風景

個人的には、太田先生の紹介していただいた
「医療を人間味ある(humanizing)ものにする」という言葉が印象的でした。
先生はそれを実現しようされているんだなぁということが
とてもよく伝わってきました。

家族にも配慮して行う家庭医療は、
地域のコミュニティや地域を支える医療以外の存在も
念頭に置きながら行うものなんだということが感じました。

以下、アンケートの記述です。

 

・ほんわかとした講演ありがとうございました。その村と先生のおだやかな空気が伝わりました。地域もいいなーと思いました。
・最もいい先生。ほのぼの。スライド一枚一枚が詩のよう。正直、派手さや、きらびやかさは無いが、もっとも重要な医師。今、効率化が叫ばれる中、とても大切な存在。ありがとうございました。めっちゃ好きです。
・おばあさんがたのお話し、とても考えさせられました。
・こんな先生がいるのか、いわゆるこんな町医者の先生のお話が聞けてとてもうれしかったです。佐野先生との違いにびっくり。
・家庭医の具体的な仕事ぶりが見られて、よかった。
・医療を行わなくても、話を聞くということがとても重要なことだとよくわかった。背景を知ることは重要。「継続的な癒しの関係」という考えは興味深い視点だった。
・地域を支えるものは医療だけではないことが分かった。
・地域密着の医療っていいなと思いました。
・待合室の雰囲気がいいなと思いました。先生は、看護学の本も読んだときいて、うれしくなりました。
・日常の診断、診療がよくわかった。
・その人の生きがいを重視することの大切さに気付きました。家族の意見と患者さんの意見を配慮して、今後の診療の方針を決めていくということがとても印象に残っています。家族、患者さんの意見を配慮するためにはその人の生活背景を知ることが大切ということに気付きました。


(文責:大竹 要生)




目次 (家庭医療合宿2009の報告)

「一日目前半」 →別のページ
「一日目後半」 →この記事
「懇親会」 →別のページ
「二日目」 →別のページ 

 



家庭医療合宿2009の報告1(1日目前半)

年に1度の2日間企画から、はや1ヶ月が経とうとしています。
かなり遅くなってしまいましたが、企画報告をしていきたいと思います。

今回の勉強会には、6大学から延べ20名の参加をいただきました。
そしてその20名に対して講師の先生方は7名!
とてもぜいたくな会になりました。

これから順に、写真とアンケート結果を交えながら企画を振り返っていきたいと思います。


「一日目前半」 →この記事
「一日目後半」 →別の記事
「懇親会」 →別の記事
「二日目」 →別の記事 


 

【土曜日】
○開会・オリエンテーション

当初の参加者は、16名だったでしょうか。
滋賀医大の看護棟第4講義室は、こんな感じの「懐かしい机といす」の教室でした。

アンケートから、「アイスブレイクの時間がほしかった」っていうご意見をいただきました。
ほんと、そうですよね。次はどんなふうにしたらいいでしょう?
僕も他のワークショップに参加した時に、参考にさせてもらおうと思います。。。
開会! 


 ①「家庭医の世界に入ったら~その概念と現場~」
 木田先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医1年目)
  家庭医療の基礎の概念を含めてのWSです

まずは、北海道家庭医療学センター(HCFM)の木田先生から、
研修医1年目の現在について、お話ししていただきました。

 P1010662_convert_20091221153642.jpg
「イケメン家庭医」こと、木田先生。(アンケートより)
P1010663_convert_20091221153756.jpg

後期研修を総合病院の総合内科で行った後に、
HCFMの診療所で家庭医療の後期研修を行っておられる木田先生だけあって、
病院で行ってきた医療と、診療所で求められる家庭医療との違いについての
想いがとても印象的でした。
そんな場面で紹介していただいた「臨床倫理4分割法」は印象的で、
その後の他の先生のセッションでもちょっと意識してみたりしました。

セッションの中では、一人暮らしのおばあさんのがん患者さんのケースについて、
小グループに分かれて、どんな配慮や手立てができるかディスカッションも行いました。
ディスカッション風景1 ディスカッション風景2
ディスカッション風景。

以下、出席した皆さんのアンケートの記述です。

 

・臨床倫理4分割法やBPSモデルなど、基本となる考え方を知ることができてよかったです。家庭医と勤務医の違いも分かりやすかったです。
・イケメン家庭医ここにあり、という感じ。大変興味深いプレゼンでした。赤矢印、緑矢印は家庭医のイメージングにはとてもよかった。ありがとうございました。
・治療方針の選択で、どれもやらないとしたときにその選択を受け入れる、という話をされた言葉が印象的でした。
・わかりやすく、導入としてとてもいいお話が聞けました。
・「病院から手術を受けないで戻ってきた人を、診療所で見る」というのは、病院にいては思うことができないと思うので、とても印象に残った。
・プライマリケアと家庭医との違い、医学的適応、患者の意向、周囲の状況、QOLの4つの部門に分ける視点など、興味深い話だった。
・病院と診療所では役割が違うことを知った。
・医療倫理4分割法を知らなかったので、このような視点があることを知って勉強になりました。医学適応がすべてではないことを知ることができました。

 


 




②「家庭医のコミュニケーション~プロとしての成長を目指して~」
 松井先生(更別村診療所・北海道家庭医療学センター後期研修医3年目)
  3年間の患者さんの言葉を含めて
  医師のコミュニケーションと成長を考えるWSです

HCFMシリーズ企画の第2弾は、
松井先生からコミュニケーションに関するセッションをしていただきました。

松井先生
松井先生、セッション開始。

松井先生、車座の風景1 
松井先生のセッションは、いつも斬新なスタイル。
今回は車座(?)な席配置で、双方向感や対話感のあふれる進行。
テーマ通りコミュニケーションを通じてセッションが進んでいきました。

 「医療のコミュニケーションの特徴は、困っている人とのコミュニケーションであること」
「医者は対人専門職」という共通認識から始まり、
それに取り組むにあたって学生時代からどんな経験が役に立っていくか
というお話もしていただきました。
 松井先生の様々な実体験の紹介もしていただきながら、
「できなかった経験」を糧にして、研修医としてどんどん成長していったさまを
紹介していただいたのが、とても印象的でした。

松井先生、車座の風景3拡大
松井先生、車座の風景2

以下、アンケートの記述です。

 

 

・成長についてのお話など、たいへん刺激になりました。今後の生き方に影響や指針を与えてくださいました。お人柄にもひかれます。

・さすがです! 来年の夏季セミナーも楽しみにしています。

・具体的ですごくイメージしやすい。『できなかった』から学ぶというメッセージが強く伝わってきました。

・おもしろい先生だった。しかし、なぜ、あえて家庭医なの?という疑問はやはり残る。他の内科医でも、専門医でも同様のことはできると思う。『家庭医』の輪郭が見えなかった。

・対応している自分と、客観的な自分というのは、今まで自分の中にもあったけれど、それを振り返るということはなかなかできていなかったと反省できた。

・患者さんとのコミュニケーションで落とし所を考えること「できない経験」から成長を目指すこと、その時に解決せず次に会えるよう布石を打っておくといった話はとても勉強になった。

・患者とのコミュニケーションを考えた。

・「できなかったことを大切にする」「メタ認知、離見の見、バルコニーに上がる」「医者は対人専門職」など、覚えておきたいフレーズが多く、内容がわかりやすかった。

 

(文責:大竹 要生)


「一日目前半」 →この記事
「一日目後半」 →別の記事
「懇親会」 →別の記事
「二日目」 →別の記事 


 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。