FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭医療合宿2008は、こんな感じでした!

昨年(2008)の家庭医療合宿の様子を紹介します。

2日目集合写真


2日目の集合写真です。

2日間で延べ34人の参加がありました。
内訳は、6年生が8人、5年生が12人、4年生が4人、3年生が3人、2年生が3人、1年生が3人です。
関西を中心に8つの大学からの参加です。

やや高学年が多いですけど、低学年でも十分理解できて楽しめる企画だったと思います。
もっと低学年にもPRしたいところですね。



時間割とテーマ
土曜日
○「老年医学・予防医療」(村井先生・勤医協中央病院)
○「院長への道」~家庭医の自立~
(八藤先生、HCFM ・本輪西ファミリークリニック)
○学生スタッフ企画(身近な地域医療の先生方の紹介)(大竹・滋賀医2)
○飛び入り企画「家族を巻き込んだ医療のススメ」(中村先生・京都協立病院)
終了後 懇親会(八藤先生、村井先生)
日曜日
○スピリチュアルケア(寺内先生・館山ファミリークリニック)
○MVP(最も印象に残った患者さん)
(松井先生、HCFM・勤医協札幌病院)



スタッフも企画に参加していたので、あんまり写真がありませんが、
雰囲気を伝えるため、いくつか写真を紹介していきます。

中村先生。
急遽ご講演していただいた中村先生。

P1000887_convert_20091013231007.jpg
1日目の集合写真。

P1000902_convert_20091013230902.jpg
1人の患者さんとその家族の皆さんとの間で繰り広げられた一つのストーリー。
それをショートムービーのように臨場感たっぷりに紹介してくれた松井先生。

P1000865_convert_20091013223435.jpg
どんなふうに家庭医が育っていくのかロールモデルを紹介していただいた八藤先生。

P1000870_convert_20091013223338.jpg
近い学年でグループを作ってのディスカッションを織り交ぜながら。村井先生。

P1000880_convert_20091013230145.jpgP1000881_convert_20091013230343.jpg

P1000882_convert_20091013223557.jpg
学生がざっくばらんに出したアイディアを書き留めていく八藤先生。

P1000883_convert_20091013230510.jpg

どうでしょうか?

双方向な講義スタイルと
グループディスカッションスタイルを織り交ぜながら
終始あったかい雰囲気で進行していきました。

家庭医療に取り組んでおられる先生方は、
みんな心の広い学生に優しい先生方が多いですしね。。。



企画終了後に取ったアンケートの結果を、次のページで紹介します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。